マーケティングオートメーションとは

デジタルマーケティングではマーケティングや販促活動に関わる情報や、個々の顧客に関する行動データを大量に収集・蓄積(ビッグデータ化)して活用します。

ビッグデータの蓄積・分析・解析を行うことにより、顧客の行動分析を行い、興味関心度や関心分野について仮説を立て次のマーケティング施策の立案やアクションを実施します。
このような顧客に関するデータ管理・分析といったビッグデータの取り扱いを自動化し、人の業務を本来である顧客とのコミュニケーションや販促活動そのものに集中する仕組みを「マーケティングオートメーション」といいます。

ビッグデータの活用は、これまで資金力のある一部の大企業が中心でしたが、ここ数年のWeb技術の急速な発達により、従来と比較して安価かつ手軽に中小企業でもマーケティングオートメーションを実践できるような環境になってきました。

この「マーケティングオートメーション」は、現在は大企業や先進企業、チェーン店等では導入されつつありますが、中小や個人の商店、企業においては、まだ認知度は高くありません。しかしながら、市場の縮小や顧客購買活動の多様化により、地方の商店街においても地元以外からの新規顧客開拓も必要とされている今、マーケティングオートメーションはより活用されるようになることが想定されます。