成熟市場に対応するために必要な販促活動

一般的に、広告宣伝の媒体は、マス媒体・SP媒体・インターネット媒体の3つに分けることができます。

インターネット媒体は、マス媒体とSP媒体の両方の性質(「知ってもらう」と「買ってもらう」)を併せ持っています。

近年のスマホ、タブレットの急速な普及により、インターネット媒体による広告宣伝効果はTVCMに次ぐまでの存在になっていることから、これからの広告宣伝には欠かせないものになっています。特に「成熟市場」における広告宣伝手段としては、後述するマーケティングオートメーションの手法と組み合わせることによって絶大なマーケティング効果を発揮します。地域の商店にとっても、インターネット媒体を活用した販促活動をいかに行うかが重要です。