◆ナレッジの収集と管理
トップダウン、ボトムアップの情報浸透を促進し、社内外にあるナレッジを水平展開する事が可能になります。

◆社内と社内外とのコラボレーション
価値の提供範囲は、社内及び顧客やパートナーを含めた社外のコミュニケーションとコラボレーションです。社内に限定したコミュニケーション、社外を含めたコミュニケーション双方を支援します。

◆生産性の向上
APIファーストであり様々なシステムと連携するため情報が一元化されます。また、様々なシステムで発生するイベントをPush通知で得られます。その為、応答スピードが向上され、作業の重複を回避し手戻りを削減し生産性を向上します。

◆モバイルファースト
モバイルでの情報漏えいは企業にとって大きなリスクです。「モバイルで取った写真のアップロードの制限」や「コンテンツのダウンロードの制限」を設定する等、企業のポリシーに応じて様々な管理が可能です。これにより、BYOA(Bring Your Own Access, Bring Your Own Application, Bring Your Own App:(従業員が社内ネットワーク環境の外にあるモバイルアプリやクラウドサービスを利用して業務データを扱うこと)のリスクを回避しBYODを促進します。

◆ナレッジの共有
検索が容易になり、適切な情報へたどり着くまでのスピードが向上します。例えば、新たにプロジェクトやチームに加わる社員でも、体系化された過去のコンテンツやコミュニケーションにアクセス出来るため、立ち上がりがスムーズになります。

◆クラウドセキュリティの強化
クラウド環境はグローバルのメンバーが24時間監視を行っています。そして各国のパートナーが運用を行いながら全ての情報を暗号化し、データのプライバシーを確保しています。

Markefanは汎用的なプラットフォームです。
◆社内活用ツールとの連携ができます。
◆自社開発ツールとの連携ができます。
 ◆IoT、BigdataやBI、AI連携ができます